最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

生垣の手入れ方法

戸建住宅が立ち並ぶ住宅街を見てみると、住宅と住宅の間に垣根などの塀があることがあります。この垣根は住宅同士の仕切りや目隠しのために作られており、素材もコンクリートやブロック、土壁など様々な種類があります。そして、樹木を使った垣根もあり、その垣根のことを生垣と呼びます。ガーデニングを嗜んでいる家庭では見られることがあります。和洋問わず合わせやすく、しっかり手入れをしていれば見栄えも良くなります。しかし、垣根といえども生垣は植物です。放っておけば病気や害虫の影響も受けますし、定期的に剪定をしないと見栄えも悪くなってしまいます。行きた植物だからこそ定期的な手入れが必要なのです。生垣はよほど乾燥した状態が続かなければ、水やりの必要がありません。しかし、植えてから1年程度は、水やりが必要なものもあります。冬など乾燥が多い時期に腫れた日が続くようであれば、たっぷりと水を上げると良いです。また、肥料は植えるときに掘り起こした土へ、ゆっくりと効果の出る肥料を混ぜておきます。花木などを植える場合は、花の栄養となる窒素成分が多めに含まれたものを春から秋にかけて与えます。しかし、窒素が多すぎると、細く弱い木に育ってしまうため注意が必要です。弱った気は、害虫や病気が発生しやすくなるため、定期的に剪定を行うことで、風通しを良くします。水の与え過ぎにも注意です。剪定を行う場合基本的には真夏と真冬を避ければ、どの時期に行っても特に問題はありません。しかし、生垣の剪定は普通の木と違い全体的に揃えなければ見栄えにも影響するため、剪定業者にやってもらうことをオススメします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼