北海道対応の弊社加盟店のご紹介

S・D企画サービス
S・D企画サービスは北海道で剪定が必要な方のために日々研鑽している会社です。庭木の緑は心を穏やかにし暮らしを豊かにしてくれますが、お手入れはなかなか大変です。庭木の手入れを怠ると庭は鬱蒼とした樹木に覆われてしまい、日当たりや風通しが悪くなるという弊害があります。また庭に樹木が生い茂りすぎると庭木同士で栄養を取り合って枯れてしまうということもあります。庭木は庭の大きさに合わせたサイズに保ってこそ、庭の美観を保つことができます。剪定を行うことで花木は良い花を咲かすことができますし、果樹は安定して果実をつけることができます。庭木の不要な枝を切り落とし、形を整える剪定を行って庭の日当たりや風通しを良くすることで、病害虫を予防し、強風による枝折れを防ぐことも可能です。S・D企画サービスには剪定の豊富な知識と経験を持ったスタッフがいますので、剪定の際にはとても頼りになるでしょう。
エンバイロ・プランニング
北海道の剪定にはエンバイロ・プランニングが尽力してくれます。庭木の手入れを怠ると樹木が生い茂ってしまい、外からの視線を遮ることになります。これは防犯上、大変危険なことです。外からの視線を遮る植栽は、一見プライバシー保護に役立ってくれる有益なものと思われがちですが、空き巣などが家に侵入する際の犯行の隠れ蓑ともなってしまうのです。一般的に空き巣は窓や玄関から侵入しようとします。空き巣は犯行の際に人目につくことを嫌いますので、外から見えづらい家はそれだけで空き巣の標的になりやすいのです。だからと言って、まったく植栽を無くしてしまった方がいいというわけではありません。美観と防犯のバランスが取れるように庭木を剪定することが大切です。エンバイロ・プランニングには豊富な知識と経験を持ったスタッフが在籍していますので、美観と防犯の両面に配慮した剪定を行ってくれることでしょう。
カワバタ総合修理サービス
カワバタ総合修理サービスは北海道での剪定に活躍している会社です。剪定は庭の美観を保つだけでなく、庭木に養分を効率よく行き渡らせ生長を促したり、病害虫の発生を予防する効果があります。では、剪定作業にはどのようなものがあるのでしょうか。伸びた枝を短く切り詰める「切戻し」は木の大きさを保ったり、樹勢を回復させるために行います。伸びた枝を途中で切る「切返し」は樹勢の強化や予備枝を設ける時に行います。不要になった邪魔な枝を切り除く「枝抜き」や「間引き」、生け垣などの形を整えるために枝葉を切りそろえる「刈り込み」など、剪定には目的別に様々な種類や呼び名があります。また地方によって呼び名が変わることもあります。剪定はその樹木の種類に合わせて、時期や方法を適切に選んで行うことが大切です。正しく剪定が行われないと樹木が枯れてしまったり、花や果実がつかないという恐れがあります。カワバタ総合修理サービスは庭木の状態を調査し、適切な剪定を行ってくれる心強い存在です。
北海道の剪定サービス

北海道の花・植木小売店事業所数は?

豊かな自然が多いことで人気のある北海道では、自宅の庭に樹木を植えて大事に育てている方も多くいらっしゃいます。花や植木の小売店事業所が1,150ヶ所を超えて存在しているので、樹木の購入や手入れ方法の相談がしやすいのも影響しているでしょう。庭木はお庭のアクセントとして楽しむだけではなく、適度な日陰を作り出し、周囲に植えられている植物にとっても、成長しやすい環境を作り出してくれます。また、家の周りに植えられている生け垣は、通行人や車からの視界を妨げ、プライバシー保護の役にも立ってくれるだけではなく、防風や防音の効果もあります。意外と思われるかもしれませんが、健康で水分を多く含んでいる樹木は火災発生時の延焼をおさえる防火効果もあります。 樹木と言っても、様々な種類があり、葉の形状、色、大きさ、葉や実、花をつける時期もそれぞれ異なり、適した方法で手入れを行う必要があります。北海道で最も多く見かけられる「トドマツ」という樹木は、多くの方にとって馴染みのある常緑針葉樹の一種で、葉が柔らかく、先が二つに分かれているのが特徴です。名前に「マツ」とついていることから、マツ属に分類されると思われがちですが、実はモミ属に分類されている樹木です。北海道では他の針葉樹と含めて別名「青木」と呼ばれています。 トドマツは微生物と共生して菌根をつくる性質があり自身の名前がつく「トドマツ枝枯病」という病気を招きます。病気にかかると、春先に葉が落ち枝が枯れます。その状態が数年続くと、樹木本体が枯れてしまいます。トドマツ枝枯病は、トドマツ以外の樹木も被害を受けますので、樹木を育てていらっしゃる方は、定期的に手入れや消毒を行い、きちんと管理するようにしましょう。 樹木の手入れとして多く行われている方法に剪定があります。剪定は病害虫の被害にあっている枝や、幹の方向に向かって伸びている枝、下方向に向かって伸びている枝、絡み合っている枝など樹木にとって不用な枝を切り落とし、樹木の成長を促すだけでなく、見た目をキレイに保つことができます。樹木の種類や状態によって、剪定する時期が異なりますので、事前に調べておきましょう。トドマツの剪定は2月が適していますが、基本的には上へと伸びていくので形を整える程度の剪定が行われることが多いです。 もし、自分でしっかり手入れが出来る自信がない場合、料金は必要ですが、職人や庭師さんの力を借りるのも一つの方法です。

剪定110番の北海道地域における対応エリアについて

  • 札幌市
  • 函館市
  • 小樽市
  • 旭川市
  • 室蘭市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 北見市
  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 網走市
  • 留萌市
  • 苫小牧市
  • 稚内市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 江別市
  • 赤平市
  • 紋別市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 根室市
  • 千歳市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 富良野市
  • 登別市
  • 恵庭市
  • 伊達市
  • 北広島市
  • 石狩市
  • 北斗市

北海道エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年06月01日
    エリア
    北海道函館市
    参考金額
    23,148円

    ツツジの剪定に関するお問い合わせをいただきました。高さ50センチメートルから60センチメートルのツツジを3本、剪定で樹形を小さく整えて場所を移し替えたいとのお問い合わせ内容でした。枝の処分は不要で、まずは見積りをご希望されていました。また、見積り日時についてはご指定があり、見積り時は立ち会いなしでも可能かということをご確認されたいようでした。

  • 受付日
    2015年04月14日
    エリア
    北海道小樽市
    参考金額
    12,000円

    以前に当社をご利用されたことがあるお客様から再度ご利用いただくケースもございます。今回はイチョウの剪定のご相談がありました。前回こちらのお客様からは別の種類の木の剪定作業でしたが、今回はお庭のイチョウを1本だけ剪定してほしいとのことでした。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼