当サイト相談スタッフから

紅葉と剪定の時期についてもご相談ください

 紅葉の剪定は時期を選ぶことがとても重要です。紅葉はカエデ種の樹木の総称で、葉が赤くなるもの全般を言いますが、ここではカエデについて説明します。紅葉の剪定時期は初夏と落葉時期の二回で、それぞれ違った目的があります。カエデの枝葉がうっそうと茂ってくる6月から7月にかけて一度目の剪定を行います。このときは、重なっている枝を落として風通しを良くし、中まで日が当たるようにすることが目的です。カエデの落葉時期である11月から12月頃には、樹形を整えるための剪定を行います。この時期はカエデも休眠期に入っているので、剪定後に再び枝が伸び始めることがありません。したがって、枝を深い位置で切り、形をすっきりと整えることができます。
 カエデは自然の形を楽しむものだといわれているので、いずれの場合も切り過ぎないように注意しなくてはなりません。カエデの仲間は、赤や黄などの色はもちろん、葉の形や樹皮なども美しい品種が多く、育てやすい樹木です。育て方で注意すべきなのは、ゴマダラカミキリによる被害です。成虫は小枝を枯らせますが、幼虫はしばしば樹木全体を枯死に至らせます。根元に木くずが出ていれば、幼虫が穴を開けて幹に侵入している可能性があるので、注意が必要です。 紅葉の剪定は、適切な時期を選べば、秋はもちろん一年を通じて美しい姿を楽しむことができます。しかし前述のように、剪定には技術が要求されますし、害虫も駆除しなければいけません。その作業については、剪定のプロの力を借りなければいけません。まずは、当サイトよりご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼