当サイト相談スタッフから

ラベンダーの剪定なら私共にご相談ください

 美しいブルーの花と良い香りでおなじみのハーブ、ラベンダー。野生下でも逞しく育つ植物だからといって、そのまま植えっぱなしにしていませんか?冬に一定の雨が降り、夏には乾燥している地中海沿岸原産のこの植物は、日本の気候や土壌は少し苦手です。ですから、栽培においては、ある程度手をかけてあげる必要があるのです。特にラベンダーの剪定作業は重要です。花穂の部分は様々な用途に使われるため、多くの方が切り落としますので、この剪定作業は、その後のプロセスになります。
 ラベンダーの剪定には、切り戻し・枝透かしなどと呼ばれ、毎年行う弱剪定と、2~3年に一度行う強剪定があります。花穂の収穫を終えたら、弱剪定を行ないます。株全体が半球状になるようにバランスを見ながら、わき芽のあたりでカットします。そして混み合っている枝を切り、下の方の黒く変色した葉を手でこすり取って落としてしまいます。このことによって、風通しが良くなり、湿気によってカビが生えたりするのを防ぐことができますし、株の内部にまで日光が当たるようになりますね。強剪定は、株を活性化してやるために、思い切って全体を深く刈り込む作業で、毎年行なう必要はありません。このようなラベンダーの剪定作業に関して、個人では難しい、広範囲なので手間がかかる、などとお悩みの場合、剪定のプロに相談してみるという選択があります。電話やメールにて、お気軽にお問い合わせが可能です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼